おでかけ:日本

【京都府】トルコ人夫と京都へ日帰り旅行!

こんにちは。とぅるく@Turksan02です。

2023年1月2日の出来事。

早起きをして夫とは初となる京都旅行へ出発です。

名古屋から京都へGo!虹が見えて幸先良いスタート!

今年初の虹!

幸先良いスタートです。

【京都市上京区】京都御所へ行く!

最初の行先は京都御所。

あいにくこの日は開門しておらず中に入ることができませんでしたが、周囲をぐるりと散歩をして天皇家の気持ちを味わってきました。

ひたすら同じ風景が続いて途中しんどくなりながらも、あの角まで!と目標を持って進み続けました。

しかし角を曲がってもまた同じ風景。

それを4面繰り返しました 笑

【京都市東山区】清水寺へ行く!

私が小学生の頃の修学旅行の行先は京都・奈良。

この清水寺にも訪れました。何ともなつかしい。

↓美しい

↓たくさんの人がお参りをしています

↓これまた美しい。

↓圧巻。

↓日本人て信仰心厚いわけではないのに悪い事をする人が少ないのはなんでだろう。

軽い感じで表現すると、ガチ勢じゃないけど、人生の上の方を普通に歩けてしまっている感じ、私は好き。

↓水戸黄門に出てきそうな茶屋!

大人になってからの清水寺もまた良いもんです。

【京都市右京区】嵐山へ行く!

嵐山の前に伏見稲荷大社に行く予定だったけれど、駐車できる場所がどこにもなく断念。

駐車スペースがない以外にも、嫌な気持ちになることがいくつかあり、伏見稲荷大社の後に行く予定だった金閣寺も止め。

嵐山に行くことにしました。

嵐山に行くなら電車も楽しみたい!ということで、有栖川駅に車を停めて電車で嵐山まで向かいました。

↓嵐山駅ってほんと素敵!

↓渡月橋。

↓すごく良い雰囲気。天気が良かったらもっといいだろうな。

↓寒い中、ボートを楽しんでいる方たちがたくさんいました。見てるだけで楽しい気持ちになれました。

↓人力車。

↓竹林

↓甘酒であたたまる。

↓夫は初めての甘酒を口にし、甘い!甘い!と言っていたが、バクラヴァの方がよっぽどか甘いと思うんだがね。

↓わらびもち。

↓夫、わらびもちも初体験だったけど、これはおいしいって!トルコのロクムに何となく似ているのかもね。

年末から元旦にかけてのケンカの中で、「私はもっと日本のごはんを食べたいのに、あなたと一緒だと楽しめない!」というような事を訴えたの。

トルコの人って宗教上食べられないものが多いし、日本人ほどいろんな味に慣れていないのと、夫は特に警戒心が強いから初めてのものはとりあえず拒否するの。

いつも「夫は何なら食べられるんだろう」と考えて、一生懸命考えたのに「食べれない」とか「おいしくない」と言われると疲れちゃって、それが積もりに積もって爆発したわけ。

夫もそういう自分に反省したらしく、京都では結構なんでも試してくれました。

↓試しに食べてとっても気に入ったもの。ゆばチーズ。

とりあえず豚が入っていなくて、チーズやトマトがあれば好きっぽいぞ。ある意味単純。

↓遅いお昼ごはんはうどん。

私は天ぷらうどん。夫は肉うどん。いつも食べる丸亀製麺とは違った麺のタイプだけど、これはこれでおいしいって食べてくれた!

↓食後のデザート。かわいいキャラのホットケーキ。

↓ふらっと入ったお店で見つけた竹のコップ。夫が気に入って購入してた。

「嵐」だけだとジャニーズのファンみたい。

早速家に帰ってチャイを入れて飲んでたんだけど、木の香りがすごいらしくてうえってなってたのには笑っちゃったな。

↓最後に駅裏にあるオルゴール堂を見て終了。

嵐山は景色も食も楽しめる観光地らしい場所。

夫もとっても気に入ってくれたので良かったな!

まとめ

急遽決まった京都日帰り旅行。

ここに書いていない嫌なエピソードもいくつかあって、夫は京都がちょっと苦手な場所になってしまいました。

やはり県民性のようなものはあって、それが何度も続くと本人の中で確信に変わってしまうのでしょうね。

それでも最後の嵐山では思いっきり楽しんでくれたので、2023年の初旅行、良い思い出ができました。

ではまた!

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
楽天ROOM用
ABOUT ME
とぅるくさん
第2の人生を共に歩むパートナーはトルコ人!まさか自分が国際結婚するなんて!言葉の壁や文化の違いでケンカをすることも多いけど、そんな中から見つけた幸せを大切に育てていくブログ。五平餅大好き夫婦!
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です